寒冷地とはどんなところを言うのでしょうか

寒冷地とは、冬の寒さが厳しい地域のことをいいます。一般的には、日本では北海道や東北、北陸など、年間積雪量が多い地域や年間平均気温が低い地域が寒冷地と言われています。
寒冷地では、例えば積雪量が多い地域では除雪や消雪の設備が整備されていたり、建物の屋根は雪が落ちやすい設計になっていたりします。また、気温が低い地域では床暖房などの暖房設備が整っていたり、建物の窓が二重になっていたりと、寒冷地ならではの様々な工夫がされています。冬期は車のタイヤをスノータイヤに替えたりと、寒冷地ならではの必要な作業もありますね。
暖房費が多くかかるなど寒冷地の冬期はお金が通常より多くなるため、寒冷地手当が支給される会社もあります。

寒冷地で賃貸物件を選ぶ際の注意点

寒冷地で賃貸物件を選ぶ際に、いくつか注意しておきたいポイントがあります。 車を所有している場合は、駐車場に屋根がついているか確認しましょう。積雪量の多い地域だと停めている車に雪が積もってしまうため、屋根がないと除雪しないといけません。駐車場に消雪パイプなどがついているか、また賃貸物件の前の道路が除雪される場所かなども確認するとよいでしょう。 寒さが厳しい地域では、窓が二重になっているか、水落しの方法などをチェックします。水落しとは寒さで水道管が凍らないように水道管の水を抜くことです。方法は賃貸物件によって異なります。冬期は暖房器具が欠かせませんが、石油ヒーターが使用できない部屋もありますので、どの暖房器具が使えるかも契約前には確認しておきたいポイントです。 寒冷地で快適に暮らせるよう、賃貸物件を選ぶ際には上記について注意するといいですね。

札幌北区の賃貸を選ぶなら、家賃や駅までの距離など譲れない条件を最初に決めましょう。条件を決めることで、その中でどのような物件が選択できるか考えていくことが可能です。