暖房設備やエアコンのおかげで快適に暮らせる

寒冷地の賃貸物件には、最初から暖房器具やエアコンが設置されています。具体的な機器の種類などは物件によって様々です。いわゆる都市部の賃貸物件だと標準仕様で設置されていない大型の暖房器具やエアコンが完備されており、設置の手続きや設置費の負担が要りません。寒冷地は文字通り寒さが厳しく、冬場以外でも暖房を付けなければならないのが特徴です。その反面、最新の光熱費が安価なエアコンや暖房機器が導入されている事が多く、家賃が非常に安価な賃貸物件でも快適に過ごせます。

エアコンが効率よく使える住宅設計になっているマンションやアパートも多く、温かい空気が短時間で部屋全体に広がるので、一般的な都市部の賃貸物件よりも、一年を通して心地よく暮らしていけます。

防寒性と耐震性に安心が持てる

寒冷地の賃貸物件は、防寒性が高いです。冷たい空気が入り込む隙間が、ほとんど生まれないような設計で建物が作られています。そのため突風が吹きすさぶ秋や冬の季節でも冷気が室内に、直接入り込む心配はありません。扉や窓枠なども冷気が入り込み難い仕様になっており、突風や吹雪に耐えられる頑丈な作りです。真冬の時期になると、寒冷地は激しい積雪に見舞われます。あらかじめ大量の雪が屋根に積もる事を想定して、寒冷地の物件は建てられています。そのため、屋根や建物自体の耐久性も優れており、積雪はもちろん、いわゆる自然災害全般に対して耐性があります。 寒さ対策に加えて、台風やゲリラ豪雨、地震への耐性が期待できるので、寒冷地の賃貸物件は一人暮らしはもちろん、ファミリー層にも向いています。